尾上菊五郎からのご挨拶

ご挨拶

このたび、音羽屋のホームページをひらくことにいたしました。

歌舞伎は、四百年の伝統を今に伝える日本の演劇です。このサイトでは、まず、音羽屋、尾上菊五郎家の歴史を紹介いしたします。初代菊五郎が京都に生まれてから現在まで、その長い歩みのなかで、家の代々は、先人たちが築き上げてきた演目と役を大切に継承してまいりました。

また、そのときどきに、今という時代の空気を敏感に感じて、新たな舞台を作り上げることも役者の大事な仕事です。

お客さまのなかには、歌舞伎役者を競走馬にたとえ「サラブレッド」などと呼んでくださる方もいらっしゃいます。そんなとき、私は、「いえ、役者は農耕馬です」と笑ってお応えいたします。

役者の仕事は、毎月毎月の積み重ねです。あせってはいけない、ゆっくりゆっくり進んでいくのだと思い、舞台を勤めてまいりました。

このサイトが、私どもの芝居を、より楽しんでいただくための、ささやかなきっかけになればうれしく存じます。


平成二十一年十月吉日

七代目尾上菊五郎