菊五郎・菊之助 役者のことば

2015年5月11日 [團菊祭」尾上菊五郎

新緑の鮮やかな季節となりました。

今月は、歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」に出演しております。

新しい歌舞伎座になりまして二回目の團菊祭、そして、團十郎さんのいない二回目の團菊祭…ですが、たくさんの若い役者が出演し賑々しい華やかな舞台です。

私は、昼の部は「天一坊大岡政談」の大岡越前守を演じております。現代で言う法廷劇です。伊賀亮との網代問答は「勧進帳」の弁慶と富樫のような感じで丁々発止とお見せしたいと思って演じております。

夜の部は「め組の喧嘩」の辰五郎を演じております。

浅草公会堂での初役の時、松緑のおじさんに教えて頂きました。菊五郎劇団の役者は、必ずこの芝居の鳶の役は経験してきています。相撲との喧嘩で本気になってしまったり、梯子や大道具を壊して叱られたりと、それぞれが思い出のある演目だと思います。

お出掛けには、気持ちの良い季節です。

是非、歌舞伎座でご観劇頂きたくお待ち申し上げております。