菊五郎・菊之助 役者のことば

2013年10月7日 「通し狂言 義経千本桜」 尾上菊五郎

3ヶ月間のお休み明けの今月10月は歌舞伎座に出演しております。

歌舞伎座での「通し狂言 義経千本桜」は平成19年以来6年ぶりとの事です。

昼の部は、「道行初音旅」に出演しております。

やはり、スッポンからの”出”は一番緊張致します。主従の関係を心しながらも、前半の重い空気を変えて道行は華やかに、そして、皆様にうきうきして頂けますよう演じております。昔は型から役に入っておりましたが、今は心から役に入り体が後で付いてくるという感じです。

夜の部は「川連法眼館」に出演しております。

変わり目変わり目をはっきり演じるように心がけておりますが、なにしろ、とにかく体力のいるお芝居です(笑)。

人間の忠信の芝居を大切に演じ、狐に繋げていき…親子、主従、兄弟の「愛」を表現したいと思います。

過ごしやすく、お出掛けしやすい季節となりました。

是非、歌舞伎座に足をお運び下さいませ。