菊五郎家の代々

家系図 > 六代目梅幸

明治・大正・昭和を駆け抜けた美しき女方

六代目梅幸イメージ お軽「忠臣蔵」
六代目梅幸イメージ お富「源氏店」
六代目梅幸イメージ 揚巻「助六」

六代目尾上梅幸(1870-1934)

六代目梅幸は、明治3年(1870)年名古屋に生まれ、西川鯉三郎のもとで舞踊を習い、西川栄之助を名乗っていましたが、巡業に来た五代目尾上菊五郎に認められ、養子となりました。

明治18年には、千歳座の開場興行で『筆幸』のお霜を勤め、尾上栄之助を名乗り初舞台。24年には、尾上栄三郎と改名しますが、父菊五郎の死を受けて、明治36年、嫡子丑之助を六代目とし、自らは菊五郎の俳名梅幸を襲名しました。襲名披露は三月の歌舞伎座の『曽我対面』で六代目の五郎を相手に、十郎を勤めました。

五代目の厳しい指導を受け、明治の終わりには、五代目中村歌右衛門と並ぶ立女方としての地位を確立し、44年に開場した帝国劇場で、二十年間の長きにわたって、座頭(技芸委員長)をつとめました。

素顔も美しく、美男として一世を風靡した十五代目市村羽左衛門の相手役として、『切られ与三』のお富、『直侍』の三千歳などの世話物をよくしましたが、『忠臣蔵』のおかる、『合邦』の玉手御前でも高い評価を受けています。

その芸談を集めた『梅の下風』は、女方ばかりではなく、五代目が得意とした立役の役柄までも、衣裳や小道具も含め、詳細を極めた話を残しています。座頭としてすべての役柄に通じて、舞台全体を統括していたことがよくわかります。

また、三代目以来の音羽屋の芸、『四谷怪談』のお岩、『累』のかさね、『牡丹燈籠』のお露でも、やせ型の柄が、怪談話の古風な役柄によく合って、お客をぞっとさせたと伝えられています。

日本画家の鏑木清方は、浴衣に黒い絽の紋付の羽織を着た梅幸が、向島の寮から切っていた蓮の花を提げて訪ねてきた思い出を書き残しています。清らかな蓮の花をさげた、世にも美しい若女形の姿は、元禄頃の評判記の挿絵でも見るようだったといいます。生涯、真女方を通した役者の栄三郎時代の風貌を伝える挿話です。

昭和10年五代目菊五郎の追善をもって引退をすると発表していましたが、それに先立つ昭和9年の11月、歌舞伎座の舞台で倒れ、急逝しました。

将来が期待された長男七代目栄三郎は、昭和15年2月新橋演舞場で、六代目菊五郎の勘平に、おかるを勤め絶賛されているところを病いで舞台を退き、亡くなりました。